ややぷりんぷりんです。

胸郭

 胸骨、左右12対の肋骨、12個の胸椎は連結して籠状の骨格をなし、これを胸郭と呼ぶ。

 胸骨は胸骨柄、胸骨体、剣状突起が線維軟骨を介して結合したものである。胸骨柄は左右の上外側部で鎖骨と関節をつくる。その左右の関節の間の窪み(頸切痕)は体表から触れることができる。胸骨柄と胸骨体の結合部前面の突出した構造(胸骨角)もまた体表から触れることができ、その高さは第2肋骨の胸骨との連結部と一致する。

 肋骨は12対のうち上位7対は前方でそれぞれ肋軟骨を介して胸骨と連結するが(真肋)、それより下位の肋骨は胸骨と関節をつくらない(仮肋)。さらに仮肋のうち第8~10肋骨は上位の肋骨の肋軟骨と連結するが、第11および12肋骨はどこにも連結しない(浮遊肋)。

 典型的な胸椎は、上下ふたつの椎体の間で肋骨と関節をつくる。同位の肋骨は椎体の上方の関節面につき、さらにその椎骨の椎弓の横突起とも関節をつくる。





胸壁の筋

 胸壁の筋は胸壁を補強し、また肋骨と胸骨を動かし胸式呼吸を助ける。いずれも肋間神経[T1-11]の支配を受ける。それぞれの起始・停止と作用を下の表に示す。

筋の名称 起始・停止 作用
外肋間筋 起始: 上位の肋骨下縁

停止: 下位の肋骨上面
吸気(肋骨の挙上), 肋間隙の支持
内肋間筋 起始: 上位の肋骨の肋骨溝外側縁

停止: 下位の肋骨上面(外肋間筋より深部)
呼気(肋骨の下制), 肋間隙の支持
最内肋間筋 起始: 上位の肋骨の肋骨溝内側縁

停止: 下位の肋骨上内面
呼気(内肋間筋と協調して働く)
肋下筋 起始: 上位の肋骨内面

停止: 2~3下位の肋骨内面
(呼気か)
胸横筋 起始: 第2~6肋骨下縁・内面

停止: 胸骨体(深部下方), 剣状突起, 第3~7肋軟骨
肋軟骨の下制




横隔膜

 横隔膜は胸郭下口にあって胸腔と腹腔を隔てる。胸郭下口周縁の構造物から起こり、ドーム状に膨らみ腱中心に収束する。収縮するとドームの傾斜が緩やかになり、胸腔の容積を拡大する(腹式呼吸)。下大静脈、食道、迷走神経は横隔膜を貫通する。横隔神経[C3-5]もまた横隔膜を貫通し、腹腔面からこれを支配する。