×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いいえ、ぷりんぷりんではありません。

脊柱

 脊柱はおよそ33個の椎骨からなる。椎骨は頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)、仙骨(5個の仙椎が癒合したもの)、尾骨(3, 4個の尾椎が癒合したもの)に分けられる。また脊柱は全体として前後にS字状にカーブする。初期胚の体節は後方に弯曲するのみだが(一次弯曲)、出生後に頸部が前湾を呈し首が据わり、やがて腰部の前弯も顕著になると直立二足歩行を可能にする(二次弯曲)。

 典型的な椎骨は椎体椎弓からなる。上下の椎骨の椎体は円板状の線維軟骨(椎間板)を介して連結する。椎弓は筋や靭帯が付着する正中後部の棘突起や左右の横突起、横突起の付け根で上下の椎骨と関節をつくる上・下関節突起といった突起物をもつ。椎体と椎弓に囲まれた孔(椎孔)は連続して脊柱管となり、これを脊髄が通る。また上下の椎骨の間にできた左右の孔(椎間孔)には脊髄神経や血管が通る。いくつかの椎骨について、特徴を下の表に示す。

骨の名称 特徴
頸椎 横突起に円形の孔(横突孔)があり、第1~6頸椎の横突孔を椎骨動脈が通る
環椎 第1頸椎。椎体がなく、環状をなす。上面は後頭骨と関節をつくる
軸椎 第2頸椎。椎体に歯のような形の突起(歯突起)があり、環椎の椎弓の後面で車軸のような関節をつくる
隆椎 第7頸椎。頸を屈曲した際、棘突起が体表面から特に際立って認められる
胸椎 横突起で肋骨と関節をなす。また椎体には左右に同レベルの肋骨との関節面(上肋骨窩)と下位肋骨との関節面(下肋骨窩)をもつ
腰椎 頚椎、胸椎よりも大きい。その横突起は肋骨に相当する要素を含み、腰椎ではこれを肋骨突起とも呼ぶ
仙骨 5個の仙椎が癒合したもの。左右で寛骨と関節をつくる。左右4対の孔から脊髄神経S1~S4の前枝が前面へ、後枝が後面へ出る
尾骨 椎弓と脊柱管がない痕跡的な骨。しばしば3, 4個の尾椎が癒合する




後頭下筋

 後頭下筋は上位頸椎と後頭骨(頭蓋底)に付着し、頭部を動かす。いずれもC1後枝の支配を受ける。それぞれの起始・停止と作用を下の表に示す。

筋の名称 起始・停止 作用
大後頭直筋 起始: 軸椎の棘突起

停止: 後頭骨外側部(下項線下部)
頭部の伸展・回転
小後頭直筋 起始: 環椎の後結節

停止: 後頭骨内側部(下項線下部)
頭部の伸展
上頭斜筋 起始: 環椎の横突起

停止: 後頭骨(上項線と下項線の間)
頭部の伸展・同側への屈曲
下頭斜筋 起始: 軸椎の棘突起

停止: 環椎の横突起
頭部の回転




浅背筋

 背部浅層にあって上肢の運動に関わる筋群(僧帽筋、広背筋、大菱形筋、小菱形筋、肩甲挙筋)、中間層にあって呼吸を助ける筋群(上後鋸筋、下後鋸筋)を併せて浅背筋と呼ぶ。浅背筋は脊髄神経前枝の支配を受ける(ただし僧帽筋は副神経[XI]の運動神経支配)。それぞれの起始・停止、神経支配、作用を下の表に示す。

■ 浅層の筋群

筋の名称 起始・停止 神経支配 作用
僧帽筋 起始: 後頭骨上項線・外後頭隆起, 項靭帯, 第7頸椎~第12胸椎の棘突起

停止: 鎖骨(外側部1/3), 肩甲骨肩峰・肩甲棘
副神経[XI](運動), C3, 4(固有感覚) 肩甲骨の挙上(上部)・内転(中間部)・下制(下部)
広背筋 起始: 第6胸椎~第5腰椎の棘突起, 仙骨, 腸骨稜, 第10~12肋骨

停止: 上腕骨結節間溝
胸背神経[C6-8] 上腕の伸展・内転・内旋
肩甲挙筋 起始: 第1~5胸椎の棘突起

停止: 肩甲骨内側縁
C3, 4; 肩甲背神経[C4, 5] 肩甲骨の挙上
大菱形筋 起始: 第2~5胸椎の棘突起

停止: 肩甲骨内側縁
肩甲背神経[C4, 5] 肩甲骨の内転・挙上
小菱形筋 起始: 項靭帯, 第7頸椎・第1胸椎の棘突起

停止: 肩甲骨内側縁
肩甲背神経[C4, 5] 肩甲骨の内転・挙上

■ 中間層の筋群

筋の名称 起始・停止 神経支配 作用
上後鋸筋 起始: 項靭帯, 第7頸椎~第3胸椎の棘突起・棘上靭帯

停止: 第2~5肋骨上縁
上位の胸神経[T2-5]前枝 第2~5肋骨の挙上
下後鋸筋 起始: 第11胸椎~第3腰椎の棘突起・棘上靭帯

停止: 第9~12肋骨下縁
下位の胸神経[T9-12]前枝 第9~12肋骨の下制




固有背筋

 固有背筋は棘横突筋、脊柱起立筋、横突棘筋、肋骨挙筋、棘間筋、横突間筋といった背部深層の筋群からなり、脊髄神経後枝の支配を受ける。

 棘横突筋は頭板状筋と頸板状筋からなる。頭板状筋は項靭帯および第7頸椎~第4胸椎の棘突起に発し、乳様突起および上項線下部に停止する。頸板状筋は第3~6胸椎の棘突起に発し、第1~3頸椎の横突起に停止する。それぞれ中位・下位の頸神経支配を受け、互いに協調して頸部の伸展頭部の回転を行う。

 脊柱起立筋は最外側の(腰・胸・頸)腸肋筋、中間部の(胸・頸・頭)最長筋、最内側の(胸・頸・頭)棘筋からなる。腸肋筋は共通の起始腱に発し、肋骨角と下位頸椎の横突起に停止する。最長筋は共通の起始腱から上行して頭蓋底に至る。棘筋は上下の椎骨の棘突起を連結する小さい筋で、頸部では欠損することが多い。これらは協調して脊柱と頭部の伸展を行い、また脊柱の屈曲・側屈にも関わる。

 横突棘筋は脊柱起立筋の深部にあって、浅層の(胸・頸・頭)半棘筋、中間層の多裂筋、深層の回旋筋からなる。概して横突起に発し、上位の棘突起に停止する。脊柱の伸展を行い、頭半棘筋は頭部の伸展に関わる。

 肋骨挙筋、棘間筋、横突間筋は分節状に分布する。肋骨挙筋は第7頸椎~第11胸椎の横突起から外下方に走行して下位の肋骨角に至り、肋骨を挙上する。棘間筋と横突間筋はそれぞれ上下の棘突起間・横突起間を繋ぎ、上下の椎骨を固定する





脊髄

 脊髄は脊柱管の中を通るひも状の神経組織で、大後頭孔の高さで延髄から移行して始まる。その径は一様でなく、上肢(頸膨大, 第5頸椎~第1胸椎)と下肢(腰膨大, 第1腰椎~第3仙椎)を支配する脊髄神経が出入りする高さで特に太い。下端は第1・2腰椎の高さにあり、円錐状に終わる(脊髄円錐)。脊髄円錐の先端からは終糸と呼ばれる結合組織が下方へ伸び、その周囲は下位の椎間孔へ出る脊髄神経の束(馬尾)が走行する。

 脊髄を水平断すると神経線維が走行する周辺部の白質と、ニューロンの細胞体が分布する中心部の灰白質が観察される。灰白質はH型を呈し、感覚性のニューロンが分布する背側の後角と、運動性のニューロンが分布する腹側の前角がそれぞれ左右対をなす。灰白質の中心には神経管の遺残で中心管と呼ばれる腔(髄液に満たされている)があり、吻側で脳室につながる。

 脊髄は脳とともに全体を髄膜に覆われ、脳脊髄液中に浮遊する。髄膜および脳脊髄液については頭頸部>髄膜と脳脊髄液に示した。





脊髄神経

 脊髄神経は第1~8頸神経(C, cervical nerve)、第1~12胸神経(T/Th, thoracic nerve)、第1~5腰神経(L, lumber nerve)、第1~5仙骨神経(S, sacral nerve)、および尾骨神経(Co, coccygeal nerve)からなる。これらはそれぞれ脊髄背側から出る求心性線維の束(後根)と、腹側から出る遠心性線維の束(前根)が合流したものとして椎間孔から出る。後根は遠位に神経節(後根神経節)を有し、脊髄後角に投射する軸索と末梢の感覚器を支配する樹状突起をもつ偽単極性ニューロンの細胞体が分布する。

 C1が後頭骨と環椎の間の椎間孔から出て以降、下位の脊髄神経は順にひとつ下位の椎間孔から出る(第8頸椎は存在しないためC8は第7頸椎と第1胸椎の間の椎間孔から出る)。椎間孔を出た脊髄神経は固有背筋とその浅層の皮膚を支配する後枝と、その他の大部分の筋および皮膚を支配する前枝に分かれる。前枝はいくつかが吻合し、神経叢(頸神経叢―C1-4, 腕神経叢―C5-T1, 腰神経叢―T12-L4, 仙骨神経叢―L4-S4)をなす。