はい、ぷりんぷりんです。

頭蓋骨

 頭蓋骨は脳が収まる脳頭蓋と顔面をつくる顔面頭蓋からなり(明確な区分ではない)、これらを構成する骨は一部を除き縫合によって不動性に連結する。全15種23個の骨を下の表に示す。

骨の名称 特徴
前頭骨 前頭部にある扁平な骨。頭頂骨と冠状縫合によって連結する
頭頂骨 左右の頭頂部にある扁平な骨。左右の頭頂骨は矢状縫合によって連結する
側頭骨 左右の側頭部にある扁平な骨。頭頂骨と鱗状縫合によって連結する
後頭骨 後頭部にあり、大後頭孔を有する扁平な骨。頭頂骨とラムダ縫合によって連結する
蝶形骨 頭蓋腔底部にある蝶のような形をした骨。中央部分(トルコ鞍)の窪み(下垂体窩)に下垂体が収まる
篩骨 眼窩の内壁、鼻腔の天井をつくる骨。上面に篩(ふるい)のように空いた無数の小孔(篩孔)を嗅神経[I]が通る
鼻骨 左右の鼻根部にある骨
涙骨 左右の眼窩内壁(目頭)にあり、涙嚢が収まる窪みがある
下鼻甲介 左右の鼻腔外壁に付着している貝殻のような形をした骨
鋤骨 鼻中隔の一部で、鋤(すき)のような形をした骨
頬骨 左右の頬の上方に突き出た骨
口蓋骨 左右の口蓋後部をつくる骨
上顎骨 眼窩と口腔を隔てる骨。底面に歯根を入れる陥凹部(歯槽)がある
下顎骨 顔の下半分を占める骨で、上面に歯槽がある。後上部の突起は側頭骨と関節をつくる(顎関節
舌骨 喉頭の上部、舌根の下部にある骨。筋や軟部組織が付着するのみで他のどの骨とも連結しない




頭蓋骨の孔

 頭蓋骨の外面および内面には神経や血管が通る多くの孔が空いている。これらのうち内面の孔を下の表に示す。

孔の名称 孔を通る構造物
盲孔 (鼻腔へ向かう)導出静脈
篩板の小孔(篩孔) 嗅神経[I]
視神経管 視神経[II]
眼動脈
上眼窩裂 動眼神経[III], 滑車神経[IV], 眼神経[V1], 外転神経[VI]
眼静脈
正円孔 上顎神経[V2]
卵円孔 下顎神経[V3], 小錐体神経
棘孔 中硬膜動脈
大錐体神経管裂孔 大錐体神経
小錐体神経管裂孔 小錐体神経
大後頭孔 延髄および脊髄, 副神経(脊髄根)
椎骨動脈
内耳道 顔面神経[VII](茎乳突孔に出る), 内耳神経[VIII]
迷路動脈
頸静脈孔 舌咽神経[IX], 迷走神経[X], 副神経[XI]
下錐体静脈洞およびS状静脈洞(内頸静脈へ注ぐ)
舌下神経管 舌下神経[XII]
上行咽頭動脈(硬膜枝)
顆管 導出静脈




表情筋

 表情筋は骨または筋膜から起こり、皮膚に停止する。これにより様々な表情をつくる。それぞれの起始・停止と作用を下の表に示す。なお、これらはすべて顔面神経[VII]の支配を受ける。

筋の名称 起始・停止 作用
眼輪筋 起始: 内側眼瞼靭帯, 前頭骨鼻部, 上顎骨前頭突起

停止: 外側眼瞼縫線
瞼を軽く閉じる(眼瞼部)・強く閉じる(眼窩部)
皺眉筋 起始: 眉弓内側端

停止: 眉部中央~内側部
眉をひそめる
鼻筋 起始: 上顎骨歯槽隆起

停止: 鼻背の腱膜, 鼻翼軟骨
鼻孔を狭める(横部)・広げる(鼻翼部)
鼻根筋 起始: 鼻骨, 鼻軟骨

停止: 眉間
眉間を下げる
鼻中隔下制筋 起始: 上顎骨(内側切歯の上方)

停止: 鼻中隔の皮膚
鼻孔を広げる
口角下制筋 起始: 下顎骨斜線(犬歯~第一臼歯)

停止: 口角, 口輪筋
口角を下げる
下唇下制筋 起始: 下顎骨斜線前部

停止: 下唇正中部
下唇を下げる
オトガイ筋 起始: 下顎骨(切歯の下方)

停止: オトガイ部
下唇を突き出し、オトガイ部に皺を寄せる
笑筋 起始: 咬筋膜

停止: 口角
口角を上げる
大頬骨筋 起始: 頬骨外側面後部

停止: 口角
口角を上げる
小頬骨筋 起始: 頬骨外側面前部

停止: 上唇
上唇を上げる
上唇挙筋 起始: 上顎骨(眼窩下縁)

停止: 上唇
上唇を上げる
上唇鼻翼挙筋 起始: 上顎骨前頭突起

停止: 口角
上唇を上げ、鼻孔を広げる
口角挙筋 起始: 上顎骨(眼窩下孔より下)

停止: 口角
口角を上げる
口輪筋 起始: 隣接筋群, 上顎骨・下顎骨正中部

停止: 口裂を取り囲む
口唇を閉じる・突き出す
頬筋 起始: 上顎骨・下顎骨後部, 翼突下顎縫線

停止: 口角と口輪筋に合流する
頬を歯列につける
前耳介筋 起始: 側頭筋膜

停止: 耳輪
耳介を前上方に引く
上耳介筋 起始: 帽状腱膜

停止: 耳介上部
耳介を引き上げる
後耳介筋 起始: 側頭骨乳様突起

停止: 耳介後面
耳介を後上方に引く
前頭筋 起始: 帽状腱膜

停止: 眉部
眉を上げる
後頭筋 起始: 後頭骨上項線, 側頭骨乳様突起

停止: 帽状腱膜
頭皮を後方に引く
広頸筋 起始: 下顎下縁

停止: 胸部上部
下唇と口角を下げる




咀嚼筋

 咀嚼筋は食塊を噛む・すり潰すといった下顎の運動を行う筋群、すなわち咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋からなる(広義には開口に関わる一部の舌骨筋群も含む)。それぞれの起始・停止と作用を下の表に示す。なお、これらはいずれも下顎神経[V3]の支配を受ける。

筋の名称 起始・停止 作用
咬筋 起始: 頬骨弓, 頬骨上顎突起

停止: 下顎枝外側面
下顎の挙上
側頭筋 起始: 側頭窩, 側頭筋膜

停止: 下顎骨の筋突起
下顎の挙上・後退
内側翼突筋 起始: 上顎結節(浅頭), 蝶形骨翼状突起外側板の内側面(深頭), 口蓋骨錐体突起

停止: 下顎角内側面(翼突筋粗面)
下顎の挙上・側方移動
外側翼突筋 起始: 側頭下窩の上壁(上頭), 蝶形骨翼状突起外側板の外側面(下頭)

停止: 顎関節包, 下顎頸の翼突筋窩
下顎の前進・側方移動




舌骨筋

 舌骨筋群は前頸三角(胸鎖乳突筋前縁、下顎下縁、前頸部正中線に囲まれた領域)にあって、嚥下開口を行う。舌骨との位置関係に基づいて、舌骨上筋(茎突舌骨筋、顎二腹筋、顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋)と舌骨下筋(胸骨舌骨筋、肩甲舌骨筋、甲状舌骨筋、胸骨甲状筋)に分けられる。それぞれの起始・停止、神経支配、作用を下の表に示す。

■ 舌骨上筋

筋の名称 起始・停止 神経支配 作用
茎突舌骨筋 起始: 側頭骨茎状突起

停止: 舌骨体外側部
顔面神経[VII] 嚥下時の舌骨の挙上
顎二腹筋(前腹) 起始: 下顎骨内側面(二腹筋窩)

停止: 舌骨体中間腱
下顎神経[V3]分枝 下顎の下制, 舌骨の挙上
顎二腹筋(後腹) 起始: 側頭骨乳様突起内側(乳突切痕)

停止: 舌骨体中間腱
顔面神経[VII] 舌骨の挙上
顎舌骨筋 起始: 下顎骨顎舌骨筋線

停止: 舌骨体
下顎神経[V3]分枝 口腔底の支持・挙上, 舌骨の挙上
オトガイ舌骨筋 起始: 下顎骨内側面(下オトガイ棘)

停止: 舌骨体前面
C1前枝の分枝 舌骨の挙上し前方に引く, 下顎骨を後下方に引く

■ 舌骨下筋

筋の名称 起始・停止 神経支配 作用
胸骨舌骨筋 起始: 胸鎖関節後面, 胸骨柄

停止: 舌骨体
C1-3前枝 嚥下後の舌骨の下制
肩甲舌骨筋 起始: 肩甲骨上縁(肩甲切痕)

停止: 舌骨体下縁
C1-3前枝 舌骨の下制・固定
甲状舌骨筋 起始: 甲状軟骨板斜線

停止: 舌骨大角とその近傍
C1前枝 舌骨の下制, 喉頭の挙上
胸骨甲状筋 起始: 胸骨柄後面

停止: 甲状軟骨斜線
C1-3前枝 喉頭の下制




後頸三角の筋

 後頸三角は前方を胸鎖乳突筋後縁、後方を僧帽筋前縁、底辺を鎖骨(中央1/3)に囲まれた領域で、深層に頭板状筋、肩甲挙筋、後斜角筋、中斜角筋、前斜角筋がある。また下部を肩甲舌骨筋の下腹が胸鎖乳突筋の深部から現れて横切る。それぞれの筋の起始・停止、神経支配、作用を下の表に示す。なお僧帽筋と肩甲挙筋は背部>浅背筋に、頭板状筋は背部>固有背筋に、肩甲舌骨筋は上の舌骨筋に示した。

筋の名称 起始・停止 神経支配 作用
胸鎖乳突筋 起始: 胸骨柄前面上部(胸骨頭), 鎖骨上面(内側1/3, 鎖骨頭)

停止: 上項線(外側1/2, 胸骨頭), 乳様突起外側面(鎖骨頭)
副神経[XI]; C2, 3, (4)前枝 頭部を同側に傾ける・前方に引く
後斜角筋 起始: 第4~6頸椎の後結節

停止: 第2肋骨上面
C5-7前枝 第2肋骨の挙上
中斜角筋 起始: 第2~7頸椎の横突起

停止: 第1肋骨上面
C3-7前枝 第1肋骨の挙上
前斜角筋 起始: 第3~6頸椎の前結節

停止: 第1肋骨前斜角筋結節
C4-7前枝 第1肋骨の挙上




 脳は中枢神経系を構成する器官のひとつで、吻側から大脳間脳小脳脳幹に分けられる。

■ 大脳
 大脳はニューロンの細胞体が分布する灰白質の皮質と、神経線維が走行する白質の髄質、および深部に存在する灰白質の基底核からなる。

 大脳皮質は新皮質辺縁葉からなる。
 新皮質は爬虫類からヒトを含む高等哺乳類で特に発達した。不規則な溝によって隔てられた盛り上がり(回)が表面積を拡大し、大脳縦裂が左右の半球を隔てる。半球は前頭葉頭頂葉側頭葉後頭葉に分けられ、前頭葉・頭頂葉と側頭葉を隔てる外側溝の深部にはと呼ばれる皮質が独立して存在する。前頭葉と頭頂葉は中心溝によって隔てられ、その前頭葉側(中心前回)に脳幹や脊髄の運動ニューロンを支配する一次運動野、頭頂葉側(中心後回)には体の各部位の一般感覚を司る一次体性感覚野がある。一次感覚野は他に、頭頂葉の体性感覚野の下端から島にかけて味覚野、側頭葉上端に聴覚野、後頭葉後端の正中面に視覚野、さらに大脳底面に嗅神経が投射する嗅球がある。また様々な情報を統合する高次機能を担う連合野として、前頭葉において将来の予測や判断、創造性を司ると考えられている前頭前野、発話に関わる左前頭葉のブローカ野(運動性言語中枢)、言語理解に関わる左側頭葉のウェルニッケ野(感覚性言語中枢)などが存在する。
 一方、古皮質とも呼ばれる辺縁葉は系統発生的に新皮質よりも古く、これらを中心とした辺縁系は動物としての本能的な行動に関わる。辺縁系は記憶や学習を司る海馬や、不安や恐怖といった情動を司る扁桃体などの神経核から構成される。

 髄質には皮質と脳幹・脊髄を連絡する投射線維、脳梁にあって左右の大脳半球を連絡する交連線維、同側の大脳半球を連絡する連合線維がある。また左右に1対の側脳室があり、尾側で間脳の第3脳室に移行する。延髄の錐体では運動神経線維が交叉する(=錐体交叉, ただし一部は脊髄の白交連で交叉する)。大脳皮質から錐体を通って脊髄に達する随意運動の下行性伝導路は錐体路と呼ばれる。
 髄質の深部には大脳基底核と呼ばれる灰白質があり、認知・動機づけ・報酬・情動・運動調節といった機能を司る様々な神経核(線条体、淡蒼球、扁桃体、黒質など)が含まれる。

■ 間脳
 間脳は視床および視床下部からなり、第3脳室によって左右が隔てられる。視床は大脳皮質へ入力する全ての感覚情報(嗅覚を除く)を中継する。視床下部は自律神経および内分泌機能を制御し、摂食・睡眠・性行動・体温調節などを司る。第3脳室は吻側で大脳の側脳室、尾側で脳幹の中脳水道、第4脳室へと通じる。

■ 小脳
 小脳は正中付近の虫部と左右の半球からなり、腹側にある脳幹とは小脳脚によって線維連絡する。皮質にはニューロンが層構造をなして分布し(浅層から分子層、プルキンエ細胞層、顆粒層)、平行な溝が表面積を広げる。深部には小脳核があり、皮質と連絡する。
 虫部には筋・腱・関節からの深部感覚および内耳からの平衡感覚が入り、半球には大脳皮質からの運動指令が橋核を経由して入る。小脳はこれらの感覚・運動情報を統合し、協調的な運動を制御する。

■ 脳幹
 脳幹は吻側から中脳延髄に分けられる。橋・延髄の背側には第4脳室があり、吻側で中脳水道を介して間脳の第3脳室、尾側で脊髄の中心管へと通じる。
 脳幹の中心部にある被蓋には、疎らな細胞体と網目状の神経線維からなる構造物(網様体)が分布する。網様体は呼吸・循環の中枢であり、個体の生命維持に不可欠な機能を担う。被蓋の腹側は延髄で錐体、中脳では大脳脚と呼ばれる神経線維の走行が見られる一方、橋では橋核と呼ばれる神経核が存在する。橋核は大脳皮質から小脳半球への運動指令を中継する。橋の被蓋の背側には小脳があり、中脳の被蓋の背側には視覚や体性感覚などからの情報が入力される上丘と、聴覚情報を処理する下丘がある。中脳の被蓋と大脳脚の間には運動調節に関わる黒質がある。





髄膜と脳脊髄液

■ 髄膜
 脳と脊髄は髄膜に覆われる。髄膜は外層から硬膜クモ膜軟膜に分けられる。硬膜は脳で内葉と外葉(頭蓋骨の骨膜に相当する)に分かれ、その間(硬膜静脈洞)を静脈血が流れる。クモ膜と軟膜の間(クモ膜下腔)には脳脊髄液が流れる。

■ 脳脊髄液
 脳脊髄液は脳室の脈絡叢から分泌され、頭蓋腔および脊柱管に移行し、クモ膜下腔を循環して硬膜静脈洞に突出したクモ膜顆粒から静脈血中に吸収される。これにより外力の衝撃から脳・脊髄を保護し、また血液と神経組織の物質交換を助ける。また脳脊髄液の組成は血清にほぼ等しいが、タンパク質をほとんど含まない。これは血液脳関門によって神経組織への血漿成分の流入が制限されるためで、そのために脳・脊髄には血中の有害物質が及びにくい。





脳神経

 脳神経は全12対あって大部分が脳幹から起こり、吻側から第I~XIIの番号(慣例としてローマ数字で示される)が割り当てられている。各脳神経を下の表に示す。

脳神経の名称 特徴
嗅神経[I] 嗅覚の伝導路。嗅上皮の嗅細胞から篩板を貫き嗅球に至る
視神経[II] 視覚の伝導路。網膜に発し、視神経管を通り頭蓋内で左右半分の線維(右眼の右視野, 左眼の左視野の視覚情報)を交叉させる(視交叉)。視覚情報はその後、視索を通じて視床の外側膝状体を経由し後頭葉の視覚野に達する
動眼神経[III] 眼球の運動を支配する。中脳の大脳脚から出て上眼窩裂を通り、大部分の外眼筋に至る。また副交感性の線維が毛様体神経節に入り、瞳孔を収縮させる瞳孔括約筋と、水晶体を厚くする毛様体筋を支配する
滑車神経[IV] 上斜筋(外眼筋)を支配する最も細い脳神経。中脳から出て上眼窩裂を通る
三叉神経[V] 頭部の体性感覚および下顎の運動を支配する最も太い脳神経。太い感覚根と細い運動根が橋から出る。感覚根は三叉神経節でシナプスをつくり、上眼窩裂を通る眼神経[V1]、正円孔を通る上顎神経[V2]、運動根とともに卵円孔を通る下顎神経[V3]に分かれる
外転神経[VI] 外側直筋(外眼筋)を支配する。橋と延髄の境界部から出て上眼窩裂を通る
顔面神経[VII] 表情筋を支配する。橋と延髄の境界部(外転筋[VI]より外側)から出て内耳道に入り、顔面神経管を通って茎乳突孔へ出る。この間に、涙腺や鼻腔・上顎洞・口蓋の外分泌腺を支配する副交感性線維を含む大錐体神経や、味覚の特殊感覚線維と顎下腺を支配する副交感性線維を含む鼓索神経などを分枝する
内耳神経[VIII] 聴覚・平衡感覚の伝導路。内耳の蝸牛(聴覚器)に発する蝸牛神経と、前庭・半規管(平衡感覚器)に発する前庭神経がともに内耳道から入り、顔面神経[VII]の外側に並んで脳に入る。蝸牛神経は蝸牛神経核、下丘、視床の内側膝状体を介して側頭葉の聴覚野に達し、前庭神経は前庭神経核を介して脊髄・小脳に至る
舌咽神経[IX] 舌後方1/3の体性感覚・味覚、および耳下腺を支配する。延髄から出て頸静脈孔を通る。この時、耳下腺を支配する副交感性線維(小錐体神経)を含む鼓室神経を分枝する
迷走神経[X] 主として胸腹部の内臓を支配する。舌咽神経[IX]の下から出て頸静脈孔を通り、頭頸部、胸部内臓、さらに腹部内臓に枝を出しながら走行する
副神経[XI] 胸鎖乳突筋僧帽筋を支配する。頸髄(C1-5)から脊髄根として出て、上行して大後頭孔から一旦頭蓋内に入り、頸静脈孔を通って頭蓋の外に出る。一方、延髄下端から出る延髄根は上述の脊髄根とともに頸静脈孔に入るが、そこで迷走神経に合流してその一部となる
舌下神経[XII] 舌の運動を支配する。延髄から出て舌下神経管を通る